[2019/7月号]インターネット活用・古本市フェステイバル開催提案さる!

最終更新: 2019年8月31日

菊池市図書館友の会第6回総会開催

 平成30年度菊池市図書館友の会第6回総会が、令和元年6月24日 生涯学習センターにて開催され、全議案が承認されました。(詳細は8月に掲載)

 30年度から元年度への新たな事業は、第一にインターネット利用です。

これまでの情報紙「みんなの図書館」「図書館友の会会報」では、掲載できる情報量と配布できる市民に限界がありました。特に若者勤労者に情報を届けることが困難でした。

元年度は、インターネットによるホームページやSNS発信により、多くの市民に多くの情報を発信できます。なお、情報紙2紙は、「みんなの図書館~菊池市図書館友の会~」に

一本化して引き続き毎月発行してゆきます。

第二には、「古本市フェステイバル」(仮称)開催の提案です。

市民が自宅に保有して眠っている本を、再び流通させることにより、読者層を広げることが狙いです。そのためには、古本市が、市民に楽しい憩いの場になるよう古本業者と提携し、市民のひと箱持ち寄り、朗読会など読書に因むイベントを企画し、飲食店、農産物、小物等のマルシエを同時開催し、飲食しながら本を手にとる憩いの場となる古本市の開催を提案しました。次回8月例会にて決定します。



29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

[2021年正月号」 編集後記

昨年のコロナ禍は、私達の生活や仕事、世界の在り様など様々な分野に、変革をせまっているようです。インターネットを活用したオンライン、リモートの労働、生活、コミュニケーションが当たり前という時代を突き付けました。 さてそうなると図書館の役割は何だろうと考えざるを得ません。 ホームページ「みんなの図書館菊池」や情報紙「みんなの図書館」で取り上げたように、対面授業に代わって、オンライン授業が始まり、電子図

[2020年12月号] 編集後記

編集後記 「学術会議問題と図書館の自由に関する宣言」 学術会議の委員任命に、菅総理が推薦候補の任命を拒否したことが、大きな政治問題になっています。菅総理は、6人全員の任命を拒否した理由の説明を拒んでいますが、世論は二つに分かれています。国の予算がついている以上総理が任命を拒否できるし、拒否理由を説明する必要はないという意見。他は、推薦制に法改正されたときの中曽根総理の「推薦者を任命する」との国会答

img_12.png

みんなの図書館 ~菊池市図書館友の会~は、菊池市民で作る図書愛好家の会です。

Copyright (C) Minnano Toshokan. All Rights Reserved.