[2019/10月号]おすすめのイベント「鶴屋古書籍販売会」

鶴屋古書籍販売会見学のご案内

 活字文化の一方の担い手である古書店業界は、活字にこめられた地域の歴史を保存し、広く社会に流通させる活動に取り組んでいます。熊本市鶴屋デパートで、毎年開かれている「鶴屋古書籍販売会」もそのひとつです。

 明治大正昭和なかには江戸期のものも含めて、既に絶版となり、市民には普段目に触れることのない書籍を、熊本市内の古書店業者が一同に会して、市民に披露するイベントです。

 昔懐かしい作家や著書を手にする楽しさは、格別です。

友の会としても、皆さんに、古書籍販売会の見学をおすすめします。

鶴屋古書籍販売会 

開催期間 10月16日(水)~10月22日(火)

写真 熊本市上通りで開かれている「一箱古本市」


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

[2021年7月号] 編集後記

編集後記 本紙6月号の「本の広場」で「野菊の墓」を取り上げたところ、読者から、なぜ今「野菊の墓」なのかとの指摘がありました。100年以上前の本を、若い人向けに紹介する意図を問われたのだと思います。今月(7月)号にも、戦後の著作ではありますが「二十四の瞳」を取り上げました。 今は、誰もが本を読む時代ではなくなったという印象を抱いています。本を読むひとは一部の人で、恐らく10%にも満たないのではないか