[2019/10月号]高校図書館探訪 菊池農業高校

最終更新: 2019年10月1日

                 菊池農業高校 図書館 学校司書 中山 弥生

 菊農の図書館は、農業高校の学校図書館として、食と農に関する図書資料を積極的に収集しています。生徒の学習を支援する資料を収集し提供することは、学校図書館の大切な役割の一つです。

 技術や農業分野の書架には、食品、草花、果樹園芸、ウシ、ブタ、などの見出しが目立っており、農業高校ならではの光景だと思います。朝の10分間読書の時間に、これらの棚から選んだ本を熱心に読んでいる人もいます。

 各教科の学習に対応できる資料を、できるだけ多く備えたいと考えていますが、全てをサポートするのはなかなか難しいことです。求められた資料が学校図書館に無い場合には、熊本県立図書館の横断検索などを活用して、近くの公共図書館の所蔵を調査し紹介します。菊農図書館で提供できなかった図書資料も、菊池市図書館にあれば、利用することができる訳です。

 学校図書館を大いに利用してもらうことが将来の公共図書館ユーザーの増加に繋がるのではないかと思います。図書館は便利だな、と思う人が少しでも増えてほしいと願っています。



26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

[2021年正月号」 編集後記

昨年のコロナ禍は、私達の生活や仕事、世界の在り様など様々な分野に、変革をせまっているようです。インターネットを活用したオンライン、リモートの労働、生活、コミュニケーションが当たり前という時代を突き付けました。 さてそうなると図書館の役割は何だろうと考えざるを得ません。 ホームページ「みんなの図書館菊池」や情報紙「みんなの図書館」で取り上げたように、対面授業に代わって、オンライン授業が始まり、電子図

[2020年12月号] 編集後記

編集後記 「学術会議問題と図書館の自由に関する宣言」 学術会議の委員任命に、菅総理が推薦候補の任命を拒否したことが、大きな政治問題になっています。菅総理は、6人全員の任命を拒否した理由の説明を拒んでいますが、世論は二つに分かれています。国の予算がついている以上総理が任命を拒否できるし、拒否理由を説明する必要はないという意見。他は、推薦制に法改正されたときの中曽根総理の「推薦者を任命する」との国会答

img_12.png

みんなの図書館 ~菊池市図書館友の会~は、菊池市民で作る図書愛好家の会です。

Copyright (C) Minnano Toshokan. All Rights Reserved.