[2019/11月号]事務局より 11月例会のお知らせ

11月7日(木)19時~21時 

        中央公民館(キクロス)小研修室(1)

議題1、友の会「みんなの図書館」ホームページの閲覧および感想について

  2、HP「みんなの図書館」11月号及び情報紙「みんなの図書館」11月号について

  3、「古本市イベント」の検討経過について

  4、会計報告

  5、その他

講話 熊本県民文学賞受賞者 原 誠也氏(元菊池市役所職員)


お薦め 堤 克彦氏著書「熊本のハンサム・ウーマン」

    幕末・近代を生きた、個性豊かな熊本の11人の女性たちの伝記です。

    定価 2,200円+税

例会(11月7日)当日 注文承ります

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

[2021年7月号] 編集後記

編集後記 本紙6月号の「本の広場」で「野菊の墓」を取り上げたところ、読者から、なぜ今「野菊の墓」なのかとの指摘がありました。100年以上前の本を、若い人向けに紹介する意図を問われたのだと思います。今月(7月)号にも、戦後の著作ではありますが「二十四の瞳」を取り上げました。 今は、誰もが本を読む時代ではなくなったという印象を抱いています。本を読むひとは一部の人で、恐らく10%にも満たないのではないか