[2019/11月号]事務局より 11月例会のお知らせ

11月7日(木)19時~21時 

        中央公民館(キクロス)小研修室(1)

議題1、友の会「みんなの図書館」ホームページの閲覧および感想について

  2、HP「みんなの図書館」11月号及び情報紙「みんなの図書館」11月号について

  3、「古本市イベント」の検討経過について

  4、会計報告

  5、その他

講話 熊本県民文学賞受賞者 原 誠也氏(元菊池市役所職員)


お薦め 堤 克彦氏著書「熊本のハンサム・ウーマン」

    幕末・近代を生きた、個性豊かな熊本の11人の女性たちの伝記です。

    定価 2,200円+税

例会(11月7日)当日 注文承ります

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

編集後記 安倍元総理が銃撃され死去しました。その国葬が、世論を二分して、9月27日催されました。岸田総理の国葬決断が粗略だったため、幾つもの問題点を露呈し、誰のため、何のための国葬か、分らなくなったという印象です。 私は、このような世論が分断される傾向は、世界的でもあり、民族、宗教、貧富格差の対立が、テロ、暴動、内戦を惹起し、議会制民主主義が成り立たない時代になるのではないかとの危惧を抱きます。