[2019/12月号]読書サロン「平成から令和へ 歴史の転換に何を想う 令和の日本 どこへ行く?」


  読書サロン 12月19日(木)10時~12時 

        菊池市中央公民館

 読書サロンは何でも自由に話せる場です。

今年最後の読書サロンは「平成から令和へ 歴史の転換に何を思う 令和の日本 どこへ行く?」というテーマにしました。

 30年余の平成は いろいろありました。取り上げたいテーマは山ほどあります。

これを議論したいというテーマを持ち寄りください。できうれば、その考えの基になっている文献、学者、論者、資料、情報をご紹介ください。

 なお、サロンは互いに考えを述べ合う場ですが、相手を論破するような場ではありません。異論を聞いて、自分の考えを深める場です。

 連絡先 井藤和俊 ☎090-4775-1929

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

[2021年正月号」 編集後記

昨年のコロナ禍は、私達の生活や仕事、世界の在り様など様々な分野に、変革をせまっているようです。インターネットを活用したオンライン、リモートの労働、生活、コミュニケーションが当たり前という時代を突き付けました。 さてそうなると図書館の役割は何だろうと考えざるを得ません。 ホームページ「みんなの図書館菊池」や情報紙「みんなの図書館」で取り上げたように、対面授業に代わって、オンライン授業が始まり、電子図

[2020年12月号] 編集後記

編集後記 「学術会議問題と図書館の自由に関する宣言」 学術会議の委員任命に、菅総理が推薦候補の任命を拒否したことが、大きな政治問題になっています。菅総理は、6人全員の任命を拒否した理由の説明を拒んでいますが、世論は二つに分かれています。国の予算がついている以上総理が任命を拒否できるし、拒否理由を説明する必要はないという意見。他は、推薦制に法改正されたときの中曽根総理の「推薦者を任命する」との国会答

img_12.png

みんなの図書館 ~菊池市図書館友の会~は、菊池市民で作る図書愛好家の会です。

Copyright (C) Minnano Toshokan. All Rights Reserved.