[2020年3月号]2月例会報告



2月例会アンケート報告

2月13日「菊池市図書館友の会2月例会&新春の集い」を、菊池市老人福祉センターにて開催しました。その例会にて、図書館に対する要望事項のアンケートを記入していただきました。

菊池市図書館に対する要望事項アンケート

蔵書に関すること

① 購入希望の本「食べ物が劣化する日本」安田節子著 食べ物通信社

② 菊池氏及び菊池に関して出版されている本を全て取りそろえてほしい

③ 時代のニーズに応える雑誌の充実を図ってほしい

展示貸出サービスに関すること

①展示企画スペースを活用し、収蔵している古文書類を展示紹介し、収蔵リストを公表してほしい

② 貸出実績データをもとに利用者に求められる可能性の高い本を仕入れてほしい。

講演会等催事について

①菊池の歴史、菊池一族について、菊池の教育について、月1~2回の講演会を定期的に開いてほしい

②菊池や菊池一族にまつわる地理、歴史を中心に、参加型のワークショップを開催してほしい。

③ 地元の研究者を講演会などもっと活用していただきたい。

その他

①菊池で行われるマルシエや、市民広場でのイベント、朝市への図書館の出前

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

[2021年3月号] 編集後記

コロナで明け暮れた1年でした。 政治の世界も激変しました。アメリカ大統領が変わり、日本も総理大臣が変わりました。 トップの交代は、コロナが絡んでいます。コロナがなければ、トランプ氏も再選されただろうし、安倍総理も病気理由の辞任もなかったことでしょう。 私がこの1年関心を抱いたのは、アメリカトランプ大統領とその支持者の「フェイクニュース」呼ばわりです。相手の主張に耳を貸さず、根拠なく自己主張を声高に

[2021年正月号」 編集後記

昨年のコロナ禍は、私達の生活や仕事、世界の在り様など様々な分野に、変革をせまっているようです。インターネットを活用したオンライン、リモートの労働、生活、コミュニケーションが当たり前という時代を突き付けました。 さてそうなると図書館の役割は何だろうと考えざるを得ません。 ホームページ「みんなの図書館菊池」や情報紙「みんなの図書館」で取り上げたように、対面授業に代わって、オンライン授業が始まり、電子図

[2020年12月号] 編集後記

編集後記 「学術会議問題と図書館の自由に関する宣言」 学術会議の委員任命に、菅総理が推薦候補の任命を拒否したことが、大きな政治問題になっています。菅総理は、6人全員の任命を拒否した理由の説明を拒んでいますが、世論は二つに分かれています。国の予算がついている以上総理が任命を拒否できるし、拒否理由を説明する必要はないという意見。他は、推薦制に法改正されたときの中曽根総理の「推薦者を任命する」との国会答

img_12.png

みんなの図書館 ~菊池市図書館友の会~は、菊池市民で作る図書愛好家の会です。

Copyright (C) Minnano Toshokan. All Rights Reserved.