[2020年7月号] 編集後記



編集後記

 新型コロナウイルス禍は、全世界を覆い、1千万人を超える感染者、50万人を超える死者を出して、いまだ終息の気配はありません。絶対数は少ないとはいえ、日本もまた感染者1万8869人死者984人(6月25日現在)を数え、連日100人前後の感染者を出しているという現状です。

 この3ヶ月にも及ぶコロナ禍によって、社会全体の生産活動社会活動は休業、行動自粛など大きな制約を受けました。それは教育現場にも及び、小中学校、高校大学までをも休校を余儀なくされました。公的機関、図書館も例外ではありませんでした。

 そのようななかで、菊池市の学校は?図書館は?という思いから、菊池市図書館友の会は、ホームページ(毎月更新)及び情報紙「みんなの図書館~菊池市図書館友の会~」7月号(隔月発行)を編集しました。

 そこで見えてきた課題は、電子図書館の活用であり、インターネットのオンライン授業の取り組みです。そのどちらも、今からの課題ですが、器具を揃えれば、技術を教えれば、できるというものではありません。

 そもそも読書や勉強になじめない人や子どもたちが、IT機器と技術を使って、読書や

勉強に興味を抱くような関係者の創意工夫とそれを支援する環境が求められます。

「友の会」としては、何ができるか?今後の図書館の在り方に関わる大きな問題です。

                         友の会 事務局長 井藤和俊

95回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

[2021年正月号」 編集後記

昨年のコロナ禍は、私達の生活や仕事、世界の在り様など様々な分野に、変革をせまっているようです。インターネットを活用したオンライン、リモートの労働、生活、コミュニケーションが当たり前という時代を突き付けました。 さてそうなると図書館の役割は何だろうと考えざるを得ません。 ホームページ「みんなの図書館菊池」や情報紙「みんなの図書館」で取り上げたように、対面授業に代わって、オンライン授業が始まり、電子図

[2020年12月号] 編集後記

編集後記 「学術会議問題と図書館の自由に関する宣言」 学術会議の委員任命に、菅総理が推薦候補の任命を拒否したことが、大きな政治問題になっています。菅総理は、6人全員の任命を拒否した理由の説明を拒んでいますが、世論は二つに分かれています。国の予算がついている以上総理が任命を拒否できるし、拒否理由を説明する必要はないという意見。他は、推薦制に法改正されたときの中曽根総理の「推薦者を任命する」との国会答

img_12.png

みんなの図書館 ~菊池市図書館友の会~は、菊池市民で作る図書愛好家の会です。

Copyright (C) Minnano Toshokan. All Rights Reserved.