[2021年5月号] スライド写真紹介

     菊池川支流の迫間川に江戸時代末期190年前に作られた眼鏡橋

     下流に架けられた鯉のぼりです

     「しばらく居たくなる世界の12の図書館・書店」に選ばれた菊池市

     中央図書館の中央付近の写真。菊池川をモチーフにした曲線的な

     配置が特徴です。

     加藤清正が掘った水路「築地井手」に群生しているキショウブ(黄菖蒲)

     菊池市隈府の菊池グランドホテル付近を流れています



10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

[2021年5月号] 編集後記

昨年来、新型コロナウイルスの感染対策で、市民生活は様々な規制と自粛を余儀なくされました。 図書館も、公共施設で集客施設なので、全国全県一律に、休館と利用制限措置がくりかえされました。マスクと消毒は不可欠だったとしても、全国、全県一律の休館の必要があったのか?展示会なども含めて、単に人が集まるだけで、一律の休業措置が必要だったのか? 菊池市図書館は、休館中にも、貸出冊数を20冊まで増やし、電子図書館

[2021年4月号] 編集後記

新年度令和3年度を迎えました。 新型コロナウイルス感染拡大とその対策「緊急事態宣言」による市民生活全体の自粛は、今後の私たちの生活の在り様を教えているのではないかと思います。 今、東京大阪など大都市では夜間営業は8時とか9時までとか言われていますが、それは、実は異常なことではなく、当たり前にすべきことではないか。そもそも、深夜まで働くことが異常なのです。昼は起きて働き、夜は眠るべき時間です。このさ