top of page

[2022年11月号] 編集後記

   編集後記

今「古典の誘い」で「平家物語」「方丈記」「竹取物語」と紹介し、今月は「徒然草」を取り上げました。

高校時代に古文を習ったので、冒頭の一句ぐらいの記憶はありますが、全文を通して読んだことはありませんでした。余生わずかの傘寿を前にして、今更なにを迷って、古典文学を読もうなどと、大それた野望を抱いたのか、我ながらあきれていました。

 しかし、読んで見て、その楽しさに、あとわずかの余生が惜しくなりました。

なにせ、八百年昔の作家と、対話を楽しめるのです。鴨長明さんは、陰鬱な世捨て人ですが、観察力はすごいです。吉田兼好さんは、週刊誌記者、ゴシップ記者です。面白いネタをたくさん持っていて、付き合って飽きない人です。

 来月再来月は、平安美人のお二人に会います。胸わくわくします。


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page