top of page

[2026年03月号] 本の広場

更新日:3月4日

 本の広場「体幹ウオーキング」 金哲彦著

 本書は、マラソン愛好者は誰でも、ラジオ,テレビでご存じの金哲彦氏の著書です

 金哲彦氏は、北九州市出身、早稲田大学で箱根駅伝4年連続山登りの5区を走り、区間賞2度獲得しています。

 卒業後リクルートに入社し、東京国際マラソン3位など選手として活躍しました。

 2002年NPO法人「ニッポンランナーズ」を創設し、プロのランニングコーチとして、解説者としても、知られています。

 

 この本は、アスリート向けというより、市民向けに、市民の日常生活の健康づくりとして書かれています。

 現代人は、車社会で歩かなくなり、長時間のデスクワークで、いつしか猫背になってしまっています。この猫背が、年齢を重ねるに従い、身体の代謝機能や血液の流れを悪くし、血液をドロドロにし、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などのリスクを高めています。

 金哲彦氏は、歩くという人間にとって最も基本的な運動を、睡眠、食事とともに、日常生活に活かすことを提唱しています。

 彼が重視するのは「体幹」です。「体幹」とは、頭と手足を除いた胴体部分を指します。その「歩き方」を、「体幹ウオーキング」として、本書で提唱しています。

 健康本は、書店でも図書館でも、沢山あります。目移りして、どれを読んだらいいか迷います。 

しかし、著者が金哲彦氏なら、とりあえず、この本「体幹トレーニング」はいかがでしょう?

どんなトレーニングでも、継続しなければ、効果は望めません。継続するには、優しさが必要です。厳しくては、素人にはむりです。優しく誰にでもできる体幹ウオーキング。

 体幹ウオーキングの基本のイメージ  日常生活の中でできること、ちょっと気を付けれ

 ば、誰にでもできることを紹介しています。

 この本は、「体幹ウオーキング」をとおして、アスリートの体づくり、腰痛等の予防やダイエット、健康寿命への効果について、図解入りでわかりやすく述べられています。

 この本は、菊池市中央図書館にあります。運動不足、ダイエットにお悩みの方にはお勧めの本です。

文責 井藤和俊

  





閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page