[2021年9月号] 菊池の戦後の歌人たち


「菊池の戦後の歌人たち」の目録を編集しています!  菊池には、戦後(特に昭和30年代以降)解き放たれたように、生き生きと短歌を詠んでいた人々がいました。そして、それぞれ各短歌結社に属して研鑽を積んでいた人々が集まって「菊池短歌会」が誕生するに至りました。その人々の自費出版歌集や合同歌集が数多くあり、その多くは菊池市図書館に寄贈されていますが、貸出できない郷土資料の棚に納められています。  友の会は、収集した歌集や図書館に寄贈された歌集を含めて、「菊池の戦後の歌人たち」という目録を作成し、その関係者遺族に届け、図書館に寄贈することとしています(ホームページ及び「みんなの図書館」5月号既報)  編集委員会が現在目録編集している歌集は以下のとおりです。 黒木傳松「野鍛冶以後」竹野美千代「麥馬車」渡辺憲吉「原野」山田とし子「カタルパの花」中原柳子「野天春秋」萩尾春美「桐むらさき」財津和子「月光譜」郷 松樹「土につぶやく」山下菊代「峡住」菊川三和子「やまなみ」牛島 恵「青苔」石口とし枝「うぶ湯」江上ミワ「夕茜」中山栄子「菊池茶の香」佐々木かつえ「青野の虹」村上咲江「野いばら」宮川英敏「螺旋」山田 博「熟柿抄」堤 元和「黄炎」荒木みよ子「四句節」 高齢者大学文芸部「渓流」(17号~23号)里短歌会合同歌集「菊池郷」七城短歌会500回記念合同歌集  菊池関係の自費出版歌集をお持ちの方は、ぜひ「友の会事務局」へお知らせください。   連絡先 井藤和俊 kazutoshi2021@yahoo.co.jp ☎ 090-4775-1929



13回の閲覧0件のコメント