top of page

[2024年04月号] 熊本の活断層と被害地震

講話 「熊本の活断層と被害地震」 飛田眞二氏

 3月14日 益崎英子氏宅で、地質学者 飛田眞二氏の「熊本の活断層」に関する講話がありました。

 飛田氏の話しでは、2016年4月の熊本地震は、北東部の布田川断層訳27km、及び日奈久断層の中部約47km、南西部約27km 総延長約101kmが動いたものであるが、日奈久断層の南側は、まだ動いていないと考えられるとの話であった。

 熊本県下には、更に、立田山断層約 14km、水前寺断層帯約7km、球磨盆地南縁断層約22kmがあるとのことである。

 日奈久断層地震が発生すると、再び大地震震度5強~7の揺れが起きることが予想される。

南海トラフ地震が発生すると、熊本県下では、震度5弱~5強の揺れがあると予想されている。

 地震発生は避けられない以上、地震災害に対する備えを、日頃から、整えることであると、指摘された。

 友の会としても、ぜひ地震に対する警戒備えとして、飛田眞治氏の講話を聴く機会を設けたいものです。

閲覧数:17回0件のコメント

Comments


bottom of page