[2022年2月号] 人物訪問 コメダ珈琲店熊本菊池店        亀崎修一支店長



人物訪問 コメダ珈琲店熊本菊池店 亀崎修一店長

  喫茶店としてオープンして約5年。菊池に溶け込んで市民の多くを巻き込み、地域の活性化に大いに貢献されているコメダ珈琲店熊本菊池店。今回は、店長の亀崎氏にその活動内容と想いをお聞きしました。               

 

 「コメダ珈琲店」について、ご紹介ください

コメダ珈琲店は1968年に愛知県名古屋市に開業した喫茶店です。「くつろぐいちばんいいところ」をコンセプトに、現在では全国に約950店舗のFC展開をしています。

この熊本菊池店は2017年4月にオープンしました。

コメダ珈琲店ではSDGsの観点から、コーヒー豆生産者の生活や産地の環境を守るためにサステナブルなコーヒー豆を適正価格で取引し、安全安心な美味しいコーヒーをご提供しています。

 

 地域でユニークな取り組みをなされておられますが、その活動と狙いをご紹介ください

当店をご利用いただく お客様がよりくつろいでいただける仕掛けとして、菊池市立図書館の団体貸出制度を利用し毎月100冊の本を借り受け、店内で読んでいただけるようにしています。

 2019年10月に菊池市ふるさと創生市民広場にて菊池市立図書館の本が読める野外図書館を作って、美味しいパンやコーヒーなどの飲食店も出店した「KIKUCHI SLOWDAY MARCKET」を開催しました。これは、菊池市民や市外からの来場者で賑わう交流の場となりました。

 一昨年は新型コロナウイルスの影響で開催を見送りましたが、2021年10月に第1回目をブラッシュアップした「 SLOWDAY KIKUCHI」を開催しました。この時は芝生にテントの持ち込みを前提にしたり音楽の生演奏を入れて、よりスローな1日を楽しんでいただく仕掛けをしました。おかげさまでたくさんの笑顔を見ることができました。

 その他、菊池の食材を使用してイベント限定のカレーを販売するKIKUCHI CURRY FESTIVAL」や、毎月第4日曜日にコメダ珈琲店熊本菊池店の駐車場で「コメダde朝市」(現在休止中)や夏季限定の「コメダde夜市」を開催しています。

 また店内では、地域の方の生涯学習をお手伝いできればと思い、プロから学べる「コメダdeお教室」を開催しています。これは、英会話・似顔絵・糸かけアート・ベビーマッサージ・レザークラフト・メイク・世界のボードゲーム・笑文字・PC、スマホ学習の9講座ご用意しています。


地域貢献として、実に多彩で有意義な活動をなされておられることに敬服します。

菊池についての印象はいかがですか?

菊池は水が美味しく食材に恵まれています。また、菊池・七城・旭志・泗水の各地域にはポテンシャルの高い場所がたくさんあります。これをもっと活かせれば菊池は楽しい街になります。私は特に商店街の空洞化をどうにかしたいと考えています。

 

 ありがとうございました。

亀崎店長(昭和56年生)は、福岡県小郡市から単身赴任されておられますが、菊池のために頑張っていただきありがとうございます。 

                                 聞き手 坂本敏正                        

                    




閲覧数:73回0件のコメント