[2022年2月号] 本の広場「くじ引き民主主義」


新刊書「くじ引き民主主義」紹介       井藤和俊

    素人がくじ引きで議員に選ばれるって 大丈夫?

    その疑問に答えられるか?まず一読お薦め!



「くじ引き民主主義」(吉田 徹 著)を、最初、手にしたとき、なんだコレッて思いました。民主主義って、直接であれ、間接であれ、有権者が投票で意思表示することではないか。くじ引きってどういうこと?

この本を読むうちに、なるほど面白い考えだと思いました。

現代の代議制民主主義は、有権者が投票して、首長や議員を選ぶシステムですが、著者は、そのシステムでは、党派間の対立が有権者を分断する欠陥があり、合意形成のシステムがないと指摘しています。アメリカの現状は、まさにそのとおりです。

くじ引き民主主義は、有権者全員を対象に、その主義主張を問わず、くじ引きで、代表者を選ぶというシステムです。意見の有無を問わず、無関心の者もくじで選ばれ、その代表者間で討議し、代表者全員が合意するまで議論を尽くすというシステムです。

ここで得られた結論が、有権者全体の結論となるのです。

著者はこれを「熟議民主主義」と言います。日本でも、その実例があります。裁判員制度です。

 しかし、素人が、そんな場に出て、何ができるの?専門家の間でも意見が分かれる問題を、合意できるの?という疑問が残ります。それをどうやって乗り越えていくのか?

それを実例挙げているこの書は、読む価値はありそうです。

著者は、くじ引き民主主義の歴史を、ギリシャアテネの時代にさかのぼり、現代でも、多くの場面で実施されている世界的な実例を紹介しています。

 もちろん、長所、短所それぞれにあります。国政レベルで実施するのは、まだまだ困難さがありますが、有権者数が少ない地域や課題によっては、可能なシステムだと思います。

投票率が低くなっている現状、特に若者の棄権が多い現状を考えれば、くじ引き民主主義のシステムを活用することで、政治の大変革ができるかもしれません。そのような期待を持たせる、一読お薦めの本です。 

 「くじ引き民主主義~政治にイノベーションを起こす~」吉田 徹 著 光文社新書

菊池市立中央図書館 蔵 


閲覧数:25回0件のコメント